2011年03月30日

速報4回目、うどんはすでに900食、さらに、パスタは400食。

みなさまこんばんわー

現地から、メールきております。
思うように、電波が届かないので、夜、みんなで、携帯の電波が届くところまで
移動してきて、それから通信しているみたいです。

昨晩から、群馬の一平君も合流している様子。

今日も全部で10通、書いてきているらしいのですが、こちらに届いているのは4通、
うち、写真もきちんと見えているのが3通、
以下、時系列で並べて行きます。

ほっさんより

↓↓↓↓

3/27 写真なし

あたたかいモノが食べたい。現地の人の声がとんでくる。食べれるだけで幸せというが、カップ麺や、パンだけの日々がつづくと正直まいる。家族、友人、家を一気に失った。震災後始めてだという、手作りのうどんを一生懸命作りました。長野県から、アメリカから思いを届けにきました。とハセヤンが皆さんの前で挨拶をしました。みんな涙ぐんで喜んでいた。まだまだ支援の手を必要としています。この場所を軸に、50人規模の集落が力を必要としているので、ただい、海沿いを車で走っています。余震もつづいている。とにかく海沿いの被害がひどすぎる。

気仙沼2日目。
地元の方からの要請で100人規模の大谷公民館に到着。今からうどんの炊き出しを行います。
image1.jpeg


3/28 午前11時30分。


大沢公民館にて160食の手作りうどん。

image.jpeg





3/28 午後3時

仙翁寺にて、手作りうどん約300食。
地元タカハシ食品さんのフカヒレとのコラボレーションです。
image.jpeg



みんなめちゃめちゃがんばっている。


電波が不安定なので情報も発信も遅くなっている状態。

出来ることをハセヤン中心に若者と地元の方の協力の元、一致団結して努力しています。

image3.jpeg


(写真は、犬のえさをわたす、てっちゃんです)
犬と猫のえさも、ハセヤンにこっそり内緒で積んだんですよね。


以上がほっさんからのメールです。

そして、ハセヤンとの電話のやり取りが以下です
↓↓↓↓↓↓

これまでに炊き出しをしたうどんの数

小泉小学校400
もういっこどこか、100
コミュニティーセンター100
お寺 300
合計900食

昨晩は、野菜炒めを作った
今日のお昼はトマトのパスタ400食
これは、現地に届いていた食材の乾麺のパスタに、マカロニなども混ぜて作った様子。

現地には、食材が足りない、特に、炭水化物系はなんとなく手に入るらしいが、
野菜や肉がないという、
夜は、長野の鹿でシチューを作って振舞う。

ちなみに、夜、気仙沼の市場にいったら、富良野のたまねぎと、長いもがあった、
売ってほしいとおねがいしたけど、管理人の人だけで、朝6時以降にならないと売れないという、ハセヤンはこうして、避難所の外で売られている、食品やお酒を、購入して、
避難所に差し入れているといいます。
そうしないと、とても追いつかない、そうしていても追いついていないらしいです。

「避難所では、お酒は禁止なんや〜。
まー、そもそも、みんな持っていないから、
そんなこといわなくても、誰も飲んでいないけど、
持って行ったら、喜んでいるんだよね。
だから、体育館では飲めないけど、
校庭の端っこに、工夫して大人の、
飲みスペースをつくったんだ〜。
そうすると、昨日の夜は、結構遅くまで、
みんなで話してて、盛り上がったんだ〜」

あ、ちなみに、ハセヤンは、断酒中なので、純粋に
避難している方のためにお酒を持って行ってるだけです。

「この、小泉地区は、他の地区と違って、死者が少ない。
それは、ここの地域の人たちの避難誘導が、
ものすごくうまく行っていて、
気合の入った消防団員が誘導に成功したんだって。」

「だから、ものは全部なくなっているけど、
命は助かったって、ものすごく前向きなんだよ。」

「でも、昼間は、こうしてみんなで励ましあっているから、
前向きになれるんだけど、夜は、一人で寝ていると、
どうしても落ち込んじゃうらしい。」

「俺は、ここの人達に遭えて、良かったよ。
みんな、本当に何もかも失っているけど、
テレビで見ているような悲痛なニュースや、
原発の問題は、誰も気にしていないよ、
気にする余裕がないからなんだろうけど、
それを見てて、なんだか、すごく俺も励まされるんだよ。
みんなが、ここでは、家族なんだって、
そう言いあって、あたたかいんだよ」

「これまで、いろんなところに支援物資を持っていって、
こんなに、ひどい被害を受けたところは見たことがないよ。」

(ハセヤンは、スマトラ沖地震のときも、ハイチ大地震のときも、
チリ大地震のときも、もちろん国内も阪神も中越も行っていますから、
その上で、ここの被害がひどい、ということです)

と、

そして、さらに、

「明日は、うだつ地区(漢字がわかりませんが)って、
ところが、避難所も形成されていなくて、でも、
各自の部落でそれぞれ暮らしていて、物資も食料も、
届いていない場所に行くんだけど、500食用意して欲しいって、
あと、お風呂も立てて欲しいって」

(ハセヤンは、お風呂の道具を3セット持って言ってます。
湯釜ってことです、でも、水がないって言ってたけど)

「ま〜、明日、役場が空いたら、食料を分けてもらって、
うだつ地区に行こうと思っているんだ。500食。みんなね、
ここの人達は、揚げ物が食べたいって、とんかつとか、
そういう、がっつりしたもの。食べさせてあげたいなあ〜」

行ってみないとわからないし、
行っても、今度は、沢山死者がでていて、
落ち込んでいる場所かもしれないけど、

でも、小泉地区の人達に、
「うだつにいってやってくれ」
と言われれば、そりゃ、断れないよね。
image2.jpeg


そんな感じで、また明日!




posted by staff at 00:10| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

そして、次は仮設住宅を建築しよう

ハセヤンたちは、無事、食料をありったけ、届け、調理し、
そして、お風呂まで設置して、こちらに向かって帰ってくる途中です。

南三陸町の歌津(うたつ)(うだつじゃありませんでした、すいません)

が、最終的なハセヤンたちの活動の場となり、全部で、1700食あまりを
提供し、物資も燃料も底をつき、後ろ髪を引かれる思いで、
現地を離れます。

ですが、来週の4/8.9.でまた再度、現地に入り、今後は仮設住宅を設置する協力をすると言うことでした。
現地の住民の方が、みな、別の場所に半ば強制的に避難を余儀なくされ、
そのままでは、自分たちの元の家などがそのまま処分されてしまうかもしれない、
という、危惧を回避するための仮設の家を建てて欲しい、
と、ハセヤンにお願いしてきたそうです。

余談ですが…

ハセヤンがその場所を、下見に行って、こっちに帰ろうとしたときに
偶然、一人の青年が、軽トラで、怪しげな機械を持って
現地にテレビと太陽光発電システムを持って現れて、

41型テレビにつないで、久々に現地の人々がテレビが見れたと言って
喜んでいたそうです。

ハセヤンと名刺交換をした際、その青年が気がついたそうですが、

私の大学の同級生でした。

大塚君と言います。

大塚君は、福島の相馬で自給自足をしていて、
原発の半径20km圏内で、避難勧告を受け、
でていたところ、奥さんから、
南三陸町にボランティアに行ってきて
と、促されてきたそうです。

天晴れな奥さんですね。

大塚君、軽トラで横浜(彼の実家)から
何時間もかけて、一晩どっかのインターで、寝て、
たどり着いたらしいです。

歌津は、ボランティアが少ない場所なので、
なんてゆー、偶然!
と、思いまして、ちょっと書いてしまいました。

では、また写真などきたらアップします。

posted by staff at 14:54| 長野 | Comment(1) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

帰ってまいりましたハセヤンでございます

ハセヤンが現地から戻ってまいりました。
それとともに、一緒に行ったみんなも…

そして、写真がいっぱい、廻ってまいりました。

何が、どのタイミングなのかは今ひとつわからないけれど、

とりあえず、順番に貼って見ます。(コメントはハセヤンです)

__4.JPG

こちらは歌津の寄木(よりき)にらの浜の避難者290名の方、
皆さんに野菜と豚肉入りうどんを、渡しているところ

__5.JPG

こちらも同じ


__6.JPG

__7.JPG


__8.JPG__9.JPG
/>

__9.JPG

__10.JPG

__11.JPG


お風呂を作っているところです。

__12.JPG

お風呂に入るところです。


__13.JPG

こちらは、小泉中学で、みんなで焚き火をしているところです。

__14.JPG


こちらは、にらの浜で、暮らしている方に、キャットフードと、大根を分けているところです。

もうちょっと、いろいろ写っている写真があったら、またアップしますねー

あと、ハセヤンから、募集のご案内です。

4月の中旬にもう一度、この、歌津に行くのですが、
その際に、茅野にある蔵を解体して、この歌津地区にこの蔵を移築して、
避難所の方が過ごす場所を作る予定です。
あさっての4/4から、この解体にご参加するご希望の方がいらしたら、ファームまで、
ご連絡ください。

よろしくお願いします。
posted by staff at 00:08| 長野 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千人風呂プロジェクトを応援しましょう!

ひゃー、毎日、何かが変化するカナディアンファームです。

お客さんも、忙しいのですが、(ありがたいことです。)

ハセヤンの趣向を、今は捕らえて離さない、被災地に何かを…

という、プロジェクトが、今度は、石巻で活動を終えて帰宅をしたお医者様から、
(鎌田實先生です。)

ご提案があり、

石巻にお風呂を作るプロジェクトと平衡して行われることになりそうです。

また、今日、明日で、必要な物資を確保するべく、

もはや政治家?と、言わんばかりの行動力です。

石巻で活動するピースボートのボランティアの方と、

場所や、状況を確認し、

4/6に現地入り、(4/5に長野を出発)と言う予定に、
そして、昨日までお伝えしていた、長野の蔵を解体して運ぶと言うものではなく、
ベニヤ板を購入して、向こうで立てるという案に変更。
お風呂も一緒に建てちゃおー、という流れに…

詳細は、鎌田先生のブログにも載っております。
ハセヤンの事も触れておられて、
http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/
千人風呂プロジェクト

と言うタイトルです。

お風呂に入ることが如何に大切かを、医学的な見地から述べておられて、
非常に、説得力があります。(当たり前ですが…)

というわけで、とりあえず、急ぎ、大きい、水をためられるタンクみたいなものを
お持ちの方、ご一報をお待ちいたしております。


posted by staff at 23:00| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

このブログも、だんだん、支援日誌になってきました。

ハセヤンは、帰ってきて、また、すぐに宮城に入っていきました。
あっという間で…

今回は、前回のブログに書いてある通り、
最初に石巻でお風呂を作り、
その後、歌津に再び入り、
仮設住宅的なものを建てると言う流れのようです。

今日は、ハセヤンの4tトラックが、ちょっとトラぶって、
タイヤ交換したと、
今、鎌田先生のブログで知りました。(さすが、先生、情報早いです。)
http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/146-9698.html

金曜までは、草原屋の二郎さんが同行しており、
二郎さんのツイッターを見ていただくと、情況が載っております。

http://twitter.com/sougenya



ちなみに、今回、一緒に行ったのは、しのぶさんという、地元で大工さんを営んでいる方で、
ファームに昔、イソーローをしていた方、と、そのお弟子さん、
こちら、3名は金曜の石巻までで、
その後、ハセヤンと、もう一人、コットン村の田村さんと、2人で
歌津に向かう予定です。


石巻の活動は、何かのメディアに乗るらしいので、
多分鎌田先生のブログに載るのではないかと思います

いやー。本当に、ファームも忙しいのに、しかも、人権擁護委員とか、

原村の観光協会の理事とか、いろんなミーティングの予定も、ぶっちぎって、
なんでか、いってしまいました。(関係者の皆様、本当にすいません。)



本人も、結構、お疲れなんですけど、(いやいやほんとうに)

「今回の震災は、今までの震災と違う。今までは、探せばどこかに食料が届いていて、
そこから、届いていない場所に届けるようなことが安易にできた、けど、今回は、
本当に、どこにもない、とくに、歌津のような小さい場所には届いていない。」

「俺は、歌津のたった一人のボランティアやったんや…」

「で、帰ろうとしたら、君の友達の大塚君が現れて…、多分今はあいつだけやあそこのボランティア…」

と、言っておりました。
(大塚君の持っていたガイガーカウンターをうらやましがっておりました)

おそらく、歌津の方は、そろそろ、別の避難所に移られると思いますが、

ハセヤンは、そこで暮らす人々の今後のための仮設を作りたい、といっておりました。

さてさて、今日も、きっと、どこかの誰かと、熱く、
言葉を交わしていることでしょう。
それだけは、間違いない。

RIMG0154.JPG



ファームにせっかく来たのに、ハセヤンに会えなくて、残念にお帰りになられた
お客様、申し訳ありません。

また、ハセヤンに、いつも変わらず、ご協力いただいている方々、そのご家族の方々、
本当にありがとうございます。

また、情報が入り次第、こちらにもアップしていきます。




posted by staff at 23:41| 長野 | Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

もう、毛布も、暖かいものも、みんなあげちゃって、何にもないんだよ。

ハセヤンが、一区切りをつけて、今日、脱力感でいっぱいになって掛けてきた一言です。

今日、ハセヤンが昨日あった人という方から、写真と、
かんたんな流れを教えてくださいました。

以下です。
↓↓↓↓↓↓

長谷川様

先日は、お世話になりました。

湊小学校浴場施設基礎工事でお世話になったものです。

カナディアンファームに是非今度遊びに行こうと思います。

長谷川さんの活躍は、とても大きくご一緒させていただき

とてもよい経験となりました。

ありがとうございます。

今後、ボランティアでお手伝いできる事がありましたら

声をかけてください。

よろしくお願いします。



IMGP2507.1.JPG


IMGP2508.1.JPG

IMGP2518.1.JPG

IMGP2538.1.JPG

IMGP2540.1.JPG


これらが、その方から送られてきた写真です。

また、こちらの様子のさらに背景的なものは、
鎌田先生のこちらのブログだと思います。

http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/167-3967.html

そして、こちらは、二郎さんからの写真です。
また、二郎さんのブログに、こちらの写真での背景が書いてあり、
わかりやすいので、こちらを是非、ご覧ください。

http://blogs.yahoo.co.jp/sougenya_aidajiro

写真 20.JPG

写真 22.JPG

写真 24.JPG

写真 47.JPG

写真 60.JPG

写真 62.JPG

写真 68.JPG


今日は、ちょうど被災から1ヶ月と言うことで、皆さん、追悼の儀式などを
執り行われていた様子ですが、
一日中、余震や、津波警報などが発令され、落ち着かず、
皆さんお疲れの様子です。

本当に、どうもこうも、早いところ、地震はおさまって欲しいものです。





posted by staff at 22:31| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

タテタカコさんチャリティライブ

みなさまこんばんわ〜
とうとう明日からGWですね〜

ファームは、GWの準備で大忙し。
おかげで、ブログをアップする間もなしと…

でも、どうじでも、個人的に今、
このイベントをお耳に入れていただきダクデ…

↓ ↓ ↓

タテタカコ・矢野洵子

チャリティーライブ


 
4月29日(金)@白州・尾白の森・名水公園べるが(ひだまり広場)
「東日本大震災チャリティーライブ」〜つながるきもち〜

act : 矢野絢子、タテタカコ
open 12:00 〜日暮れ|入場料:カンパ
マクロビスイーツやパン、雑貨、洋服屋さんなどの出店
【主催意図】
被災地へ行った方が感じたこと、私たちが今思うこと、これからできることを話し合えたら……
イベントで集まった寄付金は、被災地復興の支援金へ使わせていただきます。
info: 090-4009−6811 / もりカフェ実行委員会(井波)

名水公園べるがにて
http://www.verga.jp/modules/tinyd5/


です。ファームと関係なくてすいません。

個人的に行きたいと思っているだけなので
タテタカコさんの歌声、ほんっとにきれいですよ!
しかも、行くとチャリティにもなるとゆー
一粒で2度おいしい、みたいなイベントですねー
あー、ぜんぜんファームと関係ないのにすいません。


ハセヤン、被災地から帰ってきて、元気です。
もー、げんきげんきげんき。
元気すぎて困ります。

脱、電力化、と称して、ますます、ファームの電気を排出し、
「俺の原子炉」と、呼ぶ、新しい湯沸かし器を開発中。

(ちなみに、全然、原子炉じゃないです。
使うのは、火力発電、バイオマス発電になるのかな、
廃材の木材だから…)
それは、また、後日、お話しますね

あと、GWに皆様にお目にかかれますことを楽しみにしております!!
そして、早く福島原発、どうにか静まって欲しいです!!!!
posted by staff at 00:15| 長野 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

ロスでであった、涼子さんのこと

さて、台風で風が強かったですね。
ファームも、温室などが、風で吹き飛ばされないか、
田んぼの植えたばかりの苗が大丈夫であろうか、とか、
いろいろな悩みを抱えつつ、

今日は、ハセヤンがロスでであった、日本人の女性で涼子さんという方のことをお知らせします。

 りょうこさんは、レゲエを愛するシンガーソングライターさんです。

ハセヤンが、ロスで「さて、次は、タイで、マッサージでもして、日本にかえろーかな」と、
思いあぐねているときに、ロスで、一生懸命募金活動をしているりょうこさんのグループを見て、やっぱり、日本に帰って、被災地にボランティアに行こうと思ったという、
熱い人達です。

 アメリカで募金活動を行い、アメリカからわざわざボランティアにいらっしゃいました。
そのりょうこさんのブログと、活動の経緯を下記のリンクから見ていただけます。


涼子さんより ↓ ↓ ↓


自分は石巻、気仙沼、南三陸町、歌津、山本町、の避難所や道ばたで物資を配ったりしながら歌を歌うという活動をしていました。
活動のレポート実はまだ終わってなくてまとめてる途中です。
のちのちブログにあげるつもりです。


あと撮って来たビデオを繋げてyoutubeにアップしました。


http://www.youtube.com/watch?v=DqSlIsoWloo



http://ameblo.jp/ryotokita/




ありがとうございます!


R

 とにかくも、お元気そうな、りょうこさんですが、
りょうこさんがおいて行ってくれた、ガイガーカウンター、
今は、鎌田先生が福島で使っているとゆー、

ものの流れというのも、不思議なものですね。

りょうこさんは、廻った被災地と、ロスと、東京の放射能の値を調べて、
りょうこさんが計った時期は、この3つの場所の値は、同じような値を示したそうです。


モノを作る人というのは、いろんな出会いを繰り返しながら、新しい創作を
模索しているところがあると思いますが、
涼子さんもこのときの出会いで、新しい楽曲を作ったそうです。

RYO VIBES "No My Friend No Cry" mp3

http://www.ryovibes.net78.net/tunes/nomyfrennocry.mp3




着歌はこちらから

http://www.ryovibes.net78.net/

です〜〜〜






posted by staff at 23:05| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

コンサートのお知らせ

8月に入ろうとしております。
毎日があっという間で、
ブログを更新している余裕もありません。
すいません。

えーと、いろいろイベントが行われておりますが、
今日は、コンサートのお知らせです。


yatsugoatake.jpg


長野県原村観光協会協賛
八ヶ岳・夕べの森のパーティクラシックコンサート
〜カナダ、ヨーロッパの大自然に似た八ヶ岳の森〜
ケヴェック料理を食べてオペラとミュージカルの名曲を聴く

演出; クロイツァー凉子
出演; SKファミリーオペラ座
    仲西桃子/片桐真衣子/小松崎葵/藤田カロリーナ
ピアノ;篠田昌伸(第74回日本音楽コンクール作曲部門第1位)

曲目;
オペラ「フィガロの結婚」
ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」よりメドレー

チケット: 前売り  ディナー付き7,000円 1ドリンク付き4,500円
      当日券  1ドリンク付き4,500円

日時;2011年8月5日(金)18:30コンサート開演 17:00パーティ開宴
会場;長野・原村カナディアンファーム
   長野県諏訪郡原村1077-7 Tel:0266-74-2741

チケット問合せ;ベルトーン音楽企画 03(3996)4979
        info@kreutzersalon.com

というわけで、8/5は、通常のレストラン営業とは違い、コンサートへのお客様に限定させていただきます。
皆様お誘い合わせの上、是非、夏の夜のコンサートにいらしてください。
posted by staff at 10:33| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

手紙

From 2011-12-04 (by Eye-Fi)

今日は朝からハセヤンとタロウは塩尻まで檜を切りに行きました。
一緒に行って倒木の様子を映像におさめたかったのですが
私はカナディアンファームで留守番。
昨日はがした、屋根板を一生懸命束ねていました。
From 2011-12-04 (by Eye-Fi)

脱穀後の稲藁の事を思い出しますね。
確か60束くらいやったような。あの辛い作業は忘れられません。

レストランも落ち着いたところで倒木部隊は午後3時過ぎに帰還。
檜を6本倒して、4トントラックに積んできました。
From 2011-12-04 (by Eye-Fi)

From 2011-12-04 (by Eye-Fi)

From 2011-12-04 (by Eye-Fi)

ハセヤンはこれを石窯調理場の屋根の梁に使うと言っています。
私自身はよく木についてはわかっていないのですが、
ハセヤン曰く、かなりいい素材だそうです。
STMYKは着々と進んでおり、いよいよ作る作業も開始です。
明日は木の皮をはがす作業が待っています。

From 2011-12-04 (by Eye-Fi)

スタッフみんがそろって食事をしている時に、
エッチュウヤさんが
「長谷川サン、この前のごちオリに参加した小学生から手紙が来ているよ」
と、ハセヤンに貰った手紙を渡します。
まずは「ごちオリ」の説明を。
「ごちオリ」は略称で正式名称は「ごちそうオリエンテーリング」。
カナディアンファーム内を散策しながら食材探しをして、
屋外で料理を作って食べ、カナディアンファームを満喫するというプログラムです。
手紙をくれた小学生は10月のプログラムに参加後も、
「またチキン食べた〜い」と言っているそうです。
ハセヤン手紙を読みながらにっこり。
(写真撮り忘れた事を悔やむ)
1日だけでしたが、いっぱいカナディアンファーム思い出を作ってくれたようです。
また遊びにきてくださいねぇ〜。

この「ごちそうオリエンテーリング」
ご興味のある方はお問い合わせください。
随時申込を受付ているはずです。(多分)

オマケ
From 2011-12-04 (by Eye-Fi)

From 2011-12-04 (by Eye-Fi)

昨日ハセヤンが発明したバールです。
実際に使ったタロウ曰く、「板も傷がつかず、とても簡単に釘が抜ける!」
ハセヤンこれを特許出願すると言ってました。
欲しい方がいるようであれば、作ってもらえると思います。
ご興味のある方はカナディアンファームに来てこのバールを試してください。


posted by shumatz at 21:43| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

ありがとうございます!

AB1D8247-4E05-49B2-95F9-29BDD3CB98D0.JPG

昨日から今日にかけてハセヤンのお供で原村の観光協会のみなさんと長野県北部へ研修旅行に行ってきました。

85352DB9-7484-4362-8107-111FA45EF8BA.JPG

小布施を中心に町の活性化と観光についていろいろ学ぶことができました。
地域の住民の協力、奉仕の精神、
そして自分たちの町をよりよくすると言う信念が町を活性化し
それに付随する形で町を訪れる人が増えるのだなぁと感じました。
人が来る事によって、更にどう改善するのが見えて来ると言う事も。
「原村におけるカナディアンファームはどうなんだろうか?」
と考えてみたのですが、今のところ私の心の中にしまっておきます。
そのうち何か始めるかもしれませんね。

ハセヤンは今回の旅行ではバスドライバーという大役も果たし、
参加した皆さんから感謝されていました。

宿泊した七味温泉は夜にふった雪で危ない道のりでしたが、
すばらしいドライビングで皆さん安心して旅をできたとの事です。

無事原村役場に到着し観光協会の皆さんとお別れ。
その後カナディアンファームに戻りました。
ファームに着いたらエッチュウヤさんケーキ作成中。
なぜ?と言えばshumatzのためのバースデイケーキ。
IMGP1301.JPG

エリコさんにもプレゼントもいただき、ファームの皆さん、
すばらしい41回目の誕生日を迎える事ができました。
ありがとう!本当に感謝です。
さて、明日からまたファームの作業復活です。
とりあえずハセヤンからはラウェルタタスクを言い渡されたので野良仕事がんばります。

ちなみにハセヤンは明日は東京のキッザニアに行きます。
見かけた方はぜひ声をかけてみてください。

レストランはハセヤンいなくてもいつも通り営業中ですのでよろしくお願いしま〜す。
posted by shumatz at 20:06| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

ハセヤン舞う

From 2011-12-12 (by Eye-Fi)

昨日はハセヤンの娘さんかえでちゃんとその旦那様テッちゃんがやっている
茅野市の「キッチンストーブ かえでの樹」でフラメンコライブが行なわれました。
shumatz始め、タロウ、チホもお店のお手伝いに行きました。
フラメンコのライブはすばらしく、出演した皆さんとてもきれいでした。
From 2011-12-12 (by Eye-Fi)

特に第2ステージでのミキサンとケンサンを中心の舞台。
ムイビエ〜〜ン、でした。
From 2011-12-12 (by Eye-Fi)

スタッフで現場にいた私もそのすばらしさに仕事を忘れておりましたね。
キーワードは全身パーラッション。
飛び入りでハセヤンもホアキン・コルテスばりに舞ってましたよ、はい。

「キッチンストーブ かえでの樹」では、ライブイベントの企画も受付けているようです。
八ヶ岳、諏訪周辺地域の皆さん(に限らず)、こんな事やりたいと言う方はぜひ問い合わせてみてください。

さて、そんな感じで昨晩はかえでの樹で気持ちよいひとときを送ったハセヤン、
本日はテンションがかなり高かったようで、STMYKプロジェクト+αに更なる拍車がかかったようです。
今日は、屋外のテーブルのほとんどを雪対策のため屋根の下に格納。
From 2011-12-12 (by Eye-Fi)

そして、石窯調理場のカウンター解体作業を行いました。
From 2011-12-12 (by Eye-Fi)


カナディアンファームかなり進化しております。
と言っても、現段階は進化の前の破壊フェーズ。
(写真は明日以降に掲載予定)
そんなような感じですがレストランは営業しております。
カナディアンファームの進化をその目で確かめに来るというのも
今冬の楽しみの一つかもしれません。

あ!あとご来店の際の注意事項を。
八ヶ岳周辺、かなり寒く降雪もあります。
クルマでお越しの際は、スノータイヤまたはチェーンが必要になると思いますのでよろしくお願いします。
posted by shumatz at 20:56| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

新しい命

From January 3, 2012

あけましておめでとうございます。
shumatz@東京です。
旧年中に八ヶ岳に戻るつもりでしたが、年末年始体調を崩し現在東京に居ます。
東京で私がうだうだしている間に、カナディアンファームから嬉しい便りがありました。

ファームの仲間でもあるサクに子供が生まれました。
雄5匹、雌2匹合計7匹。
父親はブラックラブラドールらしいです。(サクは何犬なんだろう?)
From January 3, 2012

エッチュウヤさん曰く
「ブラックラブのお人好しなキャラと、さくの賢さを受け継いだ、お勧めな子犬です。」
との事です。
そんな訳で、これら新しい命を育てていただける方を現在探しております。
お問い合わせお待ちしております。

新しい年を幸運を呼ぶ子犬たちと過ごすってのはいかがでしょう?

ということで、本年もよろしくお願いします。


ラベル:誕生
posted by shumatz at 10:22| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

ハッピーバースデイ ハセヤン!

From 2012-01-15 (by Eye-Fi)

今日はハセヤンの58回目の誕生日。
もちろん作業は続きます。
本日から御殿場からやってきたユウジも参戦。
ユウジは初日という事なのかハセヤンから気の皮むきタスクを指示。
本人曰く「けっこうつらいっすよ」との事ですが、我々も最初は苦労しましたよって
ユウジが指示された木を見たら、やばいです。なぜかはまた明日にでも写真載せます。

タロウと私は石釜調理場の電気工事。
私の記憶だと、工事前の石釜調理場はエライくらいようなイメージでしたが
配線もキレイにしてスッキリ、そして新たに消えていた電灯も復活しました。
これで暗くなってもここでの作業はだいぶやりやすくなるんでしょうね。
エリコさんの喜ぶ姿が目に浮かびます。(多分。。。)
From 2012-01-15 (by Eye-Fi)


という感じで5時を過ぎたところでハセヤンのバースデイパーティーの準備。
ちょうどそのときに隣の八ヶ岳農場からトマト先生が訪問。
まぁついでという事で参加する事に。(一度戻ってスペシャルトマトジュースと白州を持ってきてくれました)
パーティは無事?に開始。ですが、ハセヤン自分の年齢がよくわからないとの事。
59歳と言っていたのですが、1954年生まれ、どう考えても58歳なんですよね。
よぉく話を聞くと、同級生の友達がみんな「今年59になるんだよね」って言ってから自分もそう思っていたとの事です。
って言うか早生まれでしょ。。。
まぁ年齢問題も解決して、みんなでハセヤンの誕生日を祝いました。
私は早めに退散しましたが、ちょうどカナディアンファームを出るときに、
「どうせなら呼んじゃいましょう」とお声がかかった八ヶ岳農場の養鶏専門の五味先生もプレゼントを持ってやってきました。
そんな感じでハセヤンハッピーな誕生日を過ごしたんじゃないか思います
結構、飲んでたけど明日早朝甲府に行くとか言ってましたが大丈夫なんでしょうかねぇ。
ラベル:STMYK 誕生日
posted by shumatz at 00:02| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

乳離れ

From January 18, 2012

サクの子どもたちが生まれて3週間。
犬の成長は早く、日々大きくなっているのがこの目でもわかります。
今まではサクお母さんのおっぱい集まっていた子どもたちです離乳食に変える事に。
From January 18, 2012

食事が変ってからサクお母さん厳しくなったみたいです。
「もう私のおっぱいはおしまいなのよ」
とも思わせる様に子どもたちが自分に群がるのを拒否する様になりました。
From January 18, 2012

でも、子どもたちはまだまだお母さんからおっぱい欲しいんですよね。
とにもかくにもみんな元気に育っています。
From January 18, 2012

それから、カナディアンファームでは残念ながらこれらの子犬全部の世話を続けるのは難しい状況です。
もし、育てていただける方がいればお問い合わせください。

また、RFCの進捗状況ですが昨日生コンクリートを入れたとの事です。
私はお休みだったので、またどんな状況か確認してきます。って明日は雪か。。。
From January 19, 2012

From January 19, 2012

本日ユウジは最終日。
熱々万歳特製のパエリアをみんなに振る舞ったみたいです。
うぅ、食べるチャンスを逃してしまった。
御殿場行ったら熱々万歳行きますねぇ。
またカナディアンファームにも遊びにきてください!
From January 19, 2012


それから「Omanju Project」の参加者も募集継続しています。
こちらもご興味のある方はお問い合わせください。
From January 19, 2012


posted by shumatz at 20:16| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

おまんじゅうプロジェクト

From January 29, 2012

おはようございます。
昨日は夜11時近くまで、おまんじゅうプロジェクトを行いました。
今回は第一弾という事で、スペインのバスク地方、ペルーのクスコとコラボ。
前半はバスク、ペルーの料理作り。
From January 29, 2012

From January 29, 2012

バスク料理はピーマンソース「ピペラダ」をベースにした野菜の煮込み、
ペルー料理はまめ料理の「フリホレス」と魚介類のマリネ「セビーチェ」。
講師は長崎から来た、大ちゃんがやってくれました。
基本的には大ちゃんが簡単な指導をして、参加者みんなで野菜を切ったりして料理作りを進めました。
ハセヤンはセビーチェがかなり気に入ったらしく、一人でつまみ食いばかりしてましたけどね^^;
前半戦は無事終了。
パンも作りました!
From January 29, 2012

作った料理は晩ご飯で食べるという事で、味をなじませるためにもしばらく寝かして、一時休憩。
子供達は、楽しくカナディアンファームの森で雪遊び。
From January 29, 2012


さて続いては「Skype」を使って、バスク地方とインターネットテレビ電話を繋げておまんじゅう作り開始。
バスクからはビトリアという町にある「La Pena Dulce (ラ・ペーニャ・ドゥルセ)」のオルティスさん一家に参加していただく事に。
From January 29, 2012

カナディアンファーム側では原村でおまんじゅう屋さんをやっている「パンちゃん」の指導のもと
スタンダードなあんこ入りまんじゅうを作ります。
最初はみんなぎこちなく作っていたのですが、やるにつれて上手になっていき、
おいしいおまんじゅうが完成しました。
オルティスさん一家の皆様、こちらの作っている姿をみながら拍手をしてくれたり、とっても盛り上げてくれました。
そしてバスク側のおまんじゅう作りの番。オルティス一家のアルバロさんが職人技を披露。
おまんじゅうの中身は花梨のジャム「メンブリージョ」とチョリソーの作成過程でできる「チチコ」を使います。
おまんじゅうは基本発酵させなくても大丈夫なのですが、バスクの方ではあらかじめ生地を作って発酵していたものを用意していたようです。
その生地を一口大にして、中身を入れて、卵を塗った上にごま、アマポーラの種を乗せていました。
さすがプロの仕事ですね。ちゃんと研究されていたようです。
んで、あちらでは蒸す装置がないという事で7分ほどオーブンで焼き上げて完成。
出来上がった ラ・ペーニャ・ドゥルセのオリジナルおまんじゅう、皆さんおいしく召し上がっていました。
ハセヤン「チチコ」に刺激され、ファームにある肉を使ってハセヤンオリジナル肉まんを作っていました。
創作まんじゅうは次の回って打ち合わせがあったのですがね。。。さすがハセヤンって感じです。
そんな感じでお互いうまく言ったことをほめ合いながら、バスクとの通信はこれにて終了。

クスコとの交流までは夕食タイム。
From January 29, 2012

大ちゃんが前半で作った料理に人捻り加えて、みんなで楽しい食事の時間を過ごしました。
大ちゃんは長崎でタルトを作っているのですが、料理の腕もすばらしい。
タルトヤ ヒュッケリ
私個人的としてはピペラダを最後卵でしめて仕上げた料理はかなり気に入りました。
ハセパンとの相性もばっちり!って感じです。

夕食タイムも終わり、今度はクスコと交流しながらのおまんじゅう作り。
From January 29, 2012

クスコからはマチュピチュでガイドをしているツネコさんと
そのお知り合い?ご家族?のヘンリーさん一家が参加してくれました。
えっと、驚く事にヘンリーさんの家系はマチュピチュの発見者とのこと。
すごいなぁと個人的にはとても感動していたんですね。是非ペルーに行ったらお会いしたい。
そんな感じで、クスコ交流バージョンが始まります。
この回、カナディアンファーム側では創作まんじゅうを作ろう!という事で、いろんな具材を試しました。
From January 29, 2012

チーズ、チョコレート、チョコバナナ、イチゴ、イチゴカスタード、茄子みそ炒め、に加え
ハセヤンからは明太子、野沢菜、海老、ブリと野沢菜のわさび和え(これは普通に食べてもおいしかった)をリクエスト。
今回はとにかく作る、何でも作る。生地にカレー粉を混ぜたりしたのも。
パンちゃんは普段はあんまり冒険できないのでとても楽しい!とのこと。
同時にクスコ側でもおまんじゅう作りは進みます。
チョコレート、ナッツ、アルパカの肉等々。
クスコのラファエル君、「手に生地がくっついちゃってとれないよぉ」などハプニングがありながらも
何とかおまんじゅうに具材を詰め込む事ができたようです。
クスコ側もバスク同様、蒸し器がないのでオーブンで焼く事に。
カナディアンファームではどんどんバラエティーにとんだおまんじゅうが出来上がってきます。
From January 29, 2012

From January 29, 2012

チョコバナナはかなりいい感じですね。あとカスタードクリームもおまんじゅうとの相性も良さそうです。
こちらの蒸し器の出来上がりを見ながら、クスコの皆さん拍手で盛り上げてくれました。
クスコの方でも焼き上がって、クスコ版焼きまんじゅうの完成。
火加減と時間がちょっと難しかったようです。ちょっとこげちゃったものもありましたが、
おいしいおまんじゅうができたようです。
現地は朝7時。ちょうどよい朝ご飯でみんな楽しそうに食べていました。
クスコの誰かが「パンちゃん、お金持ち!」と言ってたのですが、
それはクスコでおまんじゅう屋さんをやれば?と言う意味だったのでしょうかねぇ。
そんな感じで、クスコとの交流も盛り上がって通信終了。
時間は午後10時半過ぎ。
子供達よりむしろ大人が疲れていた感じのカナディアンファーム陣営。。。
私個人としてはSkypeをこんな感じで海外交流で使えることもできるという事も確認できたので
カナディアンファームIT担当としては嬉しい限り。
企画したエッチュウヤさん始め、参加していただいた皆さんおつかれさまそしてありがとうございました。
あと、パンちゃんはこれを機に海外進出?って言うのはどうでしょう。
まぁ海外進出は置いておく事にして、パンちゃんのお店は営業してま〜す。
パンさんのお茶

何はともあれ楽しい一日でした。
第2弾はアジアとの交流です。どんなおまんじゅうができるのかこちらも楽しみですねぇ。
posted by shumatz at 10:24| 長野 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

さよならチビちゃん

From 2012-01-30 (by Eye-Fi)

サクが子供を産んで今日でちょうど一ヶ月。
全部で七匹の子供たちは元気で育っています。
7人兄弟の中で一番ちっちゃくてみんなから可愛がられている子犬を
たまたま松本から訪れたガス屋さんが引き取ってくれました。
ガス屋さん別件でハセヤンを訪問していたのですが、
「チビちゃん」とみんなに言われているその子犬をとても気に入って
即決で引き取っていただける事になりました。
ちょっと寂しくなりますが、このままカナディアンファームにいるよりも
チビちゃん間違いなく可愛がってもらえるかと思います。

カナディアンファームではサクの子供たちの里親になってくれる方を探しております。
ご関心のある方は是非お問い合わせください。よろしくお願いします。
posted by shumatz at 20:43| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

facebookページ


知っている人は知っている。
カナディアンファームのfacebookページがあるんですね。
作成したときはいろんな数字が混ざってURLが構成されるんですが、
「いいね!」をしてくれる人が25人以上になるとURLが変更できるのです。
そしてカナディアンファームのfacebookページも25人を超える人が「いいね!」をしてくれました。
まぁ、だから何だって話なんですが、とりあえずお知らせと言う事で。
ブログ同様、今後ともよろしくお願いします。

http://www.facebook.com/canadianfarm
ラベル:Facebook
posted by shumatz at 19:31| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

行ってきました南三陸町第1弾!

えー、松本さん、風邪の為、長野からは一人で行くことになりました、クミです。
先週かえって来まして、ばたばたしており、本日のご報告です。

行ってきたのは気仙沼の歌津というとこです。
こんどは、こちらの方々に船を送ろうというプロジェクトを進めておりまして、
ハセヤンは、今日、船を集めるために
長崎に向かって出発しましたが、
私は、2月の頭から、こちらの計画のための下調べに。

いやー、いってみて、まず思ったのは、当たり前だけど、
復興は、どんどん進んでいるのだなーと、刻々と需要も、
皆様の環境も変化しており、心なしか、皆様のお顔の色艶も、
よくなってきておりました。

2012021409530002.jpg


船をどのくらい集めて、どの団体に渡すのか、
なんて話は、じっくりと、本当にあって話さないと
わからない。
まえまえから感じておりましたが、
東北の方は、あまり、最初から何が欲しい、とか、
おっしゃる方が少ないような気がします。
2012021409510000.jpg


ですが、ゆっくりお話しすると、そこそこ、船をダイレクトに必要というよりは
船をとりまく環境整備に需要があったり、古くて、使っていない船をもらうよりは、
この間まで使っていたような船のほうが使いやすいとか、
そういう話を伺いつつ、なんかかんか、過ごしておりました。

詳細は、またそのつど書いていきますね。
ただいま、長崎と福岡を中心にハセヤンが船を4隻集めております。

あー。あと、このご縁で、うちのさくの子どもが2匹、もらわれてゆきました。

新しいイメージ.JPG


それぞれ、「マック」と「ラッキー」と名づけられ、畠山さん
(こちら、畠山さんが多いんですよ)に、かわいがられております。
船より、むしろ、犬が喜ばれているような…
そういってもむしろ過言ではないくらい、
寝食をともにし、かわいがられているときいております。

うーむ。あまりゆーと、ハセヤンがかわいそうなので、
(船を一生懸命集めておりますので)

この辺で!
では、これからのハセヤンの復興支援プロジェクトにこうご期待!






posted by staff at 23:32| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

船よ届け!


昨日、タロウを始めとした「チーム八ヶ岳」漁船運搬部隊が南三陸町に船を降ろして戻ってきました。
チーム八ヶ岳はハセヤンを中心に東北漁業復興のために結成され、現在九州にいるハセヤンの友人の協力の元、東北に船を送るプロジェクトを進めています。
そして、その第一回目として養殖に使うための船を今回南三陸町の歌津寄木まで送ったのです。
南三陸町からも何名か船を運搬するための補助のためにこのプロジェクトに参加していただいています。
私自身、トラックの運転ができないため、旅に同行できないと言う事で、タロウから聴いた話を書いて参ります。


まずは福岡で船を積み、高速で一気に東へそして北上。
トラックの旅はかなり過酷で車中はとても揺れが激しく、船を痛めないようにかなり慎重に運転する必要あったそうです。
あと、道中の一番の問題は燃料。
高速道路のガソリンスタンド立地の無計画さにかなり困っていたとの事。
あるところにはある、ないところにはない。
と言うと、曖昧なのですが、特にひどかったのは北関東自動車道。
給油場所が全くなく、ポリタンクに積んだ燃料がなければ、今回の旅は不可能だったらしいです。

何はともあれ、南三陸町に無事到着して船を降ろしてきました。

現地ではサクの子どもたちのお出迎えもあったようです。
タロウは今回始めて被災地に足を運び、その状況を自分の目で見ていろいろ思いがこみ上げてきたと語っていました。






彼からもらった写真を見る限り、私自身まだまだ支援は必要だと感じています。
具体的になんかあるかなぁ?と言うところですがハセヤンはすでに次の一手を考えているみたいですよ。

と言う事で、既に第二便は九州へと向かい、また船を東北に送り届ける予定です。

また、この活動についてはメディアでも取り上げられています。
これから先もチーム八ヶ岳の活動を継続して行くためにも沢山の人に協力してもらえると嬉しいっすね。

チーム八ヶ岳Facebookページ
posted by shumatz at 11:19| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする