2012年01月09日

初詣ついでに

From January 9, 2012

shumatzは相変わらず東京にいますが、ファームからはたまぁに便りがやってきます。
さて今回もらった便りなんですが、正月にタロウが
「初詣に行きたい!」と言う事で、スタッフ数名で諏訪大社に行ったそうです。
みんな何をお願いしたんでしょうねぇ?
んでもってそのついでに建築家の藤森照信さんが手がけたツリーハウスによってきたそうです。

私自身、藤森さんについては六本木ヒルズのホニャララコーナーで本を見た程度の記憶敷かないですが、この作品(家?)は面白いですね。UFOですよ。
左の方に見えるのはネットでもいくつか写真出てますが、ハセヤンとタロウの後ろに写っている方はどこにも見つからないっすね。
まぁここではUFOハウスとでも名付けておきましょう。
これみてハセヤンまた家造りのモチベーションあがってるかもしれませんね。
STMYKもそろそろ終わる頃だと思うので次のアクションが気になります。
まぁ、いっその事原村にいっぱいハセヤンの作品作りまくって、観光資源のいいんじゃない?
と思っているのは私だけかな。。。
「廃材王国」は将来的に美術館も造りたいって言ってましたし、今年の冬のハセヤンの行動注目ですね。

From 2012-01-09 (by Eye-Fi)

それから、今月末に行なわれるワークショップのフライヤーができました。
準備はまだかかりますが、着々と進んでおります。
参加者も募集中なので是非お問い合わせください。



posted by shumatz at 19:06| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

さよなら花工房。。。

From 2012-01-13 (by Eye-Fi)

石釜調理場の屋根改修 STMYKはほぼ完了。
私がいない間にシダーシェイクは打ち終わったようです。
後は屋根にまた緑を復活させるために土を乗せておしまい?
いや、カウンターとかまだ残っていますね。
まぁ屋根改修と分けて考えればとりあえずプロジェクトは一区切りですかね。
しかしハセヤン、石釜調理場のカウンター作りの前にやりたい事があるそうです。
え〜、知る人は知る花工房の代わりに新しいハウスを。
From 2012-01-14 (by Eye-Fi)

小耳に挟んだところ、グラスハウスでロータス7を飾るとの事。(限り無く嘘だと思います)
でも、何か作るのは本当らしく、本日花工房をハセヤン、タロウと奏での森へ移動。
始めは4tトラックに乗せて行く予定でしたが、建物の幅を考慮してバックホーでのんびり?動かしたんです。
From 2012-01-14 (by Eye-Fi)

From 2012-01-14 (by Eye-Fi)

と言っても、かなり過酷な仕事でしたけどね。
空に浮かんだ花工房を見てやってください。
上に乗っていたタロウはかなり楽しんでいた?ようですが、
私には怖くて無理っすね。
下で支えて方もかなりの力作業でしたよ。
ハセヤンは「祭りみたいで面白かった!」と言ってたけど、
これ毎日やられたらたまらんです、はい。
まぁ実際、楽しかったんですけどね。
本当に今冬どこまでカナディアンファームが変わるのでしょうか?
暖かくなるまで待てない人はぜひ助けにきてださ〜い。

From 2012-01-14 (by Eye-Fi)

あと、サクの子供たちとも対面してきました。
メッチャかわいいです。7匹のうち3匹の引き取り手ができたとの事です。
その手で触れたら絶対欲しくなっちゃいますよ。危険危険^^;


posted by shumatz at 21:25| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

基礎工事ってのわぁ

From 2012-01-17 (by Eye-Fi)

花工房跡地の再利用プロジェクトが進んでおります。
今回もプロジェクト名を勝手に決めちゃいますか。
R.F.C.ってのはどうでしょう?(Rebirth Flower Craft)
まぁそんな訳で今回のプロジェクトはRFCで話は進めちゃいます。

今日は生コンクリートを入れるための準備です。
From 2012-01-17 (by Eye-Fi)

昨日掘った穴のそこを平らにして断熱材を挟んだコンパネを埋め込みます。
From 2012-01-17 (by Eye-Fi)

これが子分の我々の飲み込みが悪かったのか、
ハセヤンの思いを理解できず、当初の予定をオーバーして作業終了は日が沈んだ後。
コンパネは床材を含めてうまく利用できるような加工をしたのですが、
その作業がハセヤンのイメージとはほど遠かったようです。
これよくやっちゃうんですが、ハセヤンから「こうしてね」と言われて
とりあえず作業を進める。
その「こうして」が何のためなのかとにかく言われた通りに、
そしてかなりそれにこだわってしまいます。
ハセヤンからは「そんなにやんなくてもいいよ」と突っ込まれても、
とにかく何となく手数を減らす事を心がけて進めます。
んで、作業の終わりに近づくにつれて、やっとハセヤンが求めている事を理解。
一気に作業スピードは上がるのですが、今日それに気づいたのはすでに日が沈む直前。
結局、投光器で光をともしていつもよりちょっと遅くまで作業していた訳です。
でも、その成果もあって生コンクリートを流す準備はほぼできました。
基礎工事に関してはいろいろやり方があるそうなのですが、
今回は制約がある事+床材も差し込むという事を考慮したハセヤンアイデアからだと。。。
とにもかくにも明日以降また新しい展開が待っています。

さてRFC今後どのようになっていくのでしょうかねぇ。
雪が積もる前までに何とかする!との事なので
毎日毎日何かができてくることは間違いないはずです。

それから1月28日・29日にカナディアンファームで子供向けワークショップ
お饅頭を作って世界中の子供たちとふれあう 『Omanjuu Project おまんじゅうプロジェクト』
を行います。
昨日、朝日新聞のサイトにもニュースリリースされました
こちらもご興味のある方はぜひご参加ください。



posted by shumatz at 21:54| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

カウンター作り

From January 25, 2012

雪の中での作業は中断。
花工房跡地は雪が解ける春以降に再開される予定です。(多分)
未だ何を作るのか決まっていないのですが、この猶予期間で何かしらアイデアがひらめくのではないかと思います。
雪が解けたら、ハセヤンの謎も解ける!と言う事でRFCはしばらく休業で。
そんなわけで、ハセヤンの宣言通り、雪の影響を受けない
石窯調理場のカウンター作りを現在行なっています。
From January 25, 2012

いつもの事ですが、とにかく作業を進める。
問題があったらその時考え、解決策を見つけて対応。
この繰り返しで、大分仕上がってきました。
From January 25, 2012

キレイにまっすぐなカウンターが見えてきたのですが、
ハセヤンはつまらないと顔をしかめます。
「やっぱり何か面白みがないとつまらないね」
と言う事で、後付けなのか元々考えていたのか、
キレイに並べた板の一部を切り取ると言う事になりそうです。
理由は実際に見ていただければわかると思いますので、
ご来店までシークレットです。
それと、いつもみんなの歩く導線にあって、ぶつかっていた柱があったのですが、
「これはあんまり効いてないだろ」
と言う事でその柱を抜くことになりました。
私個人としては、雪の重さもあるし大丈夫かな?と不安だったのですが、
ハンマーでご〜〜んと叩いて、無事取り除く事ができました。
ホント屋根が落下しなくてよかったです^^;
結果としては屋根の沈みがちょっと大きくなったので
見た目は今の方が断然かっこいいのでは?と思います。
というか、全般的に屋根は高くなっていたのですが、
その部分は改修前と同じくらいの高さに戻った感じです。

しかし、この寒さの中外での作業はきついです。
本日私は東京に来ているのですが、それもあってか全く寒く感じられません。
少しだけ寒さに強くなったような気でいますが、気のせいなんでしょうかね?
posted by shumatz at 16:56| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

バスガス爆発???

From January 29, 2012 - 01

石釜調理場のカウンター作りは着々と進んでおります。
From January 29, 2012 - 01

カウンターと言うよりも、もはや厨房の内装といった方がいいのかも。
棚とか冷蔵庫とかも実際に付け始めてキッチンっぽくなってきましたよ。
今日はガスの配管(と言っても以前使っていたものを戻しただけ)をしたのですが、
ガスの大元栓を止めたところ、いろんなところから電話がかかってきました。
一部栓を外したりしたので、意図的にハセヤンがガスを止めたのですが、
ガス屋さんやら警備会社やらいろんなところで警報が鳴ったらしく、
そのためたくさんの電話がかかって来た訳です。
一部ではカナディアンファームで何か事件があったのでは?
と思われた事かと思います。お騒がせしまして申し訳ございません。
無事に配管は完了したのですが、大元栓を開いたところ、
安全装置が勝手に作動してしまい、またもや警報が出ているとの通報。
当初は
配管したときに管に傷をつけてしまったのではないか?
とか
バルブ部分の角度を変えたときにどこか故障したのではないか?
とか、いろいろ疑いながら確認したのですがどこも問題はなさそう。
そうこうしているうちにハセヤンから
「あ、あれ、大丈夫。ガス管にガスが満たされてなかったからみたい」
と報告あり。
何もなかったんで、本当によかったです。
ガス使えなかったら、今日のお昼ご飯にもありつけなかったかも。

午後はとても寒いのにも関わらず多くのお客様がいらっしゃって、
ハセヤンはその応対で忙しく大工部隊は完全放置状態。
作業はハセヤンの脳みその動きとともに進むのでそんな時はだいたい片付けタイムです。
片付けタイムにたまたま見つけた鉛筆の後。これはハセヤン的設計なのか?
From January 29, 2012 - 01

イメージする。鉛筆で書く。そしてチェーンソーで切る。
ハセヤンがインスピレーションだけでチェーンソーを振り回さない場合の手順。
チェーンソーで曲線を描くのはとても難しいのですが、ハセヤンはサラッとやっちゃいます。
一部の人には「芸術的チェーンソーさばき」とも言われているとか。
そんな感じで、感覚派のハセヤンの手によって当初キレイにまっすぐになっていた木材に曲線が生まれていく訳です。
From January 29, 2012 - 01

さて、明日はどうなっている事やら。
子分なぼくらも毎日どんなハプニングがあるのかドキドキしながらやっております。
posted by shumatz at 22:15| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

雪の日も雨の日も

さて、本日はさむーーうい長野の山奥で、雪の日もうちはこんなことしておりますという、お話です。

ぼやけておりまして、わかりませんが、ここ最近、ハセヤンはこの建物作りにいそしんでおります。

P1110648.JPG


引くとこんな感じのつくりです。
P1110647.JPG


これはなんですか?と聞くと、「多目的ダーチャ」ですということです。
ダーチャはロシア語でガーデンのことだそうです。
P1110643.JPG


今年のハセヤンはいつもより張り切っております!
どうぞ今年もよろしくお願いします!

皆様のお越しをお待ちしております。(でも路面が凍っておりますので、事前にご連絡くださると助かります)

ラベル:セルフビルド
posted by staff at 22:50| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする