2012年01月29日

おまんじゅうプロジェクト

From January 29, 2012

おはようございます。
昨日は夜11時近くまで、おまんじゅうプロジェクトを行いました。
今回は第一弾という事で、スペインのバスク地方、ペルーのクスコとコラボ。
前半はバスク、ペルーの料理作り。
From January 29, 2012

From January 29, 2012

バスク料理はピーマンソース「ピペラダ」をベースにした野菜の煮込み、
ペルー料理はまめ料理の「フリホレス」と魚介類のマリネ「セビーチェ」。
講師は長崎から来た、大ちゃんがやってくれました。
基本的には大ちゃんが簡単な指導をして、参加者みんなで野菜を切ったりして料理作りを進めました。
ハセヤンはセビーチェがかなり気に入ったらしく、一人でつまみ食いばかりしてましたけどね^^;
前半戦は無事終了。
パンも作りました!
From January 29, 2012

作った料理は晩ご飯で食べるという事で、味をなじませるためにもしばらく寝かして、一時休憩。
子供達は、楽しくカナディアンファームの森で雪遊び。
From January 29, 2012


さて続いては「Skype」を使って、バスク地方とインターネットテレビ電話を繋げておまんじゅう作り開始。
バスクからはビトリアという町にある「La Pena Dulce (ラ・ペーニャ・ドゥルセ)」のオルティスさん一家に参加していただく事に。
From January 29, 2012

カナディアンファーム側では原村でおまんじゅう屋さんをやっている「パンちゃん」の指導のもと
スタンダードなあんこ入りまんじゅうを作ります。
最初はみんなぎこちなく作っていたのですが、やるにつれて上手になっていき、
おいしいおまんじゅうが完成しました。
オルティスさん一家の皆様、こちらの作っている姿をみながら拍手をしてくれたり、とっても盛り上げてくれました。
そしてバスク側のおまんじゅう作りの番。オルティス一家のアルバロさんが職人技を披露。
おまんじゅうの中身は花梨のジャム「メンブリージョ」とチョリソーの作成過程でできる「チチコ」を使います。
おまんじゅうは基本発酵させなくても大丈夫なのですが、バスクの方ではあらかじめ生地を作って発酵していたものを用意していたようです。
その生地を一口大にして、中身を入れて、卵を塗った上にごま、アマポーラの種を乗せていました。
さすがプロの仕事ですね。ちゃんと研究されていたようです。
んで、あちらでは蒸す装置がないという事で7分ほどオーブンで焼き上げて完成。
出来上がった ラ・ペーニャ・ドゥルセのオリジナルおまんじゅう、皆さんおいしく召し上がっていました。
ハセヤン「チチコ」に刺激され、ファームにある肉を使ってハセヤンオリジナル肉まんを作っていました。
創作まんじゅうは次の回って打ち合わせがあったのですがね。。。さすがハセヤンって感じです。
そんな感じでお互いうまく言ったことをほめ合いながら、バスクとの通信はこれにて終了。

クスコとの交流までは夕食タイム。
From January 29, 2012

大ちゃんが前半で作った料理に人捻り加えて、みんなで楽しい食事の時間を過ごしました。
大ちゃんは長崎でタルトを作っているのですが、料理の腕もすばらしい。
タルトヤ ヒュッケリ
私個人的としてはピペラダを最後卵でしめて仕上げた料理はかなり気に入りました。
ハセパンとの相性もばっちり!って感じです。

夕食タイムも終わり、今度はクスコと交流しながらのおまんじゅう作り。
From January 29, 2012

クスコからはマチュピチュでガイドをしているツネコさんと
そのお知り合い?ご家族?のヘンリーさん一家が参加してくれました。
えっと、驚く事にヘンリーさんの家系はマチュピチュの発見者とのこと。
すごいなぁと個人的にはとても感動していたんですね。是非ペルーに行ったらお会いしたい。
そんな感じで、クスコ交流バージョンが始まります。
この回、カナディアンファーム側では創作まんじゅうを作ろう!という事で、いろんな具材を試しました。
From January 29, 2012

チーズ、チョコレート、チョコバナナ、イチゴ、イチゴカスタード、茄子みそ炒め、に加え
ハセヤンからは明太子、野沢菜、海老、ブリと野沢菜のわさび和え(これは普通に食べてもおいしかった)をリクエスト。
今回はとにかく作る、何でも作る。生地にカレー粉を混ぜたりしたのも。
パンちゃんは普段はあんまり冒険できないのでとても楽しい!とのこと。
同時にクスコ側でもおまんじゅう作りは進みます。
チョコレート、ナッツ、アルパカの肉等々。
クスコのラファエル君、「手に生地がくっついちゃってとれないよぉ」などハプニングがありながらも
何とかおまんじゅうに具材を詰め込む事ができたようです。
クスコ側もバスク同様、蒸し器がないのでオーブンで焼く事に。
カナディアンファームではどんどんバラエティーにとんだおまんじゅうが出来上がってきます。
From January 29, 2012

From January 29, 2012

チョコバナナはかなりいい感じですね。あとカスタードクリームもおまんじゅうとの相性も良さそうです。
こちらの蒸し器の出来上がりを見ながら、クスコの皆さん拍手で盛り上げてくれました。
クスコの方でも焼き上がって、クスコ版焼きまんじゅうの完成。
火加減と時間がちょっと難しかったようです。ちょっとこげちゃったものもありましたが、
おいしいおまんじゅうができたようです。
現地は朝7時。ちょうどよい朝ご飯でみんな楽しそうに食べていました。
クスコの誰かが「パンちゃん、お金持ち!」と言ってたのですが、
それはクスコでおまんじゅう屋さんをやれば?と言う意味だったのでしょうかねぇ。
そんな感じで、クスコとの交流も盛り上がって通信終了。
時間は午後10時半過ぎ。
子供達よりむしろ大人が疲れていた感じのカナディアンファーム陣営。。。
私個人としてはSkypeをこんな感じで海外交流で使えることもできるという事も確認できたので
カナディアンファームIT担当としては嬉しい限り。
企画したエッチュウヤさん始め、参加していただいた皆さんおつかれさまそしてありがとうございました。
あと、パンちゃんはこれを機に海外進出?って言うのはどうでしょう。
まぁ海外進出は置いておく事にして、パンちゃんのお店は営業してま〜す。
パンさんのお茶

何はともあれ楽しい一日でした。
第2弾はアジアとの交流です。どんなおまんじゅうができるのかこちらも楽しみですねぇ。
posted by shumatz at 10:24| 長野 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | そのほかのドラマチックな出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カナディアンファームの 愉快なみなさん。
昨日 参加いたしました。 しんぶんやです。
カナディアンファームはいつ来ても 心が豊かになります。
短い時間でしたが 楽しかったし とても美味しかったです。大ちゃんの料理教室は 子どもたちも 一生懸命やってましたね。 パンさんの おまんじゅうを 一番下手に作っていたのは私で 誰が作ったかすぐ解っちゃいました。
スカイプで バスク地方の方々の交信もワクワクしました。 カナディアンファームの建物は 本当に魅力にあふれてます。 それ以上にハセヤンをはじめ スタッフメンバーが素敵でした。 今度は 家族みんなで 遊びにきたいです。 本当にありがとうございました。
いい思い出になりました。
Posted by 魂の修行僧 金太郎 at 2012年01月29日 16:23
魂の修行僧 金太郎さん。
ご参加いただきありがとうございました。
我々自身も皆さんも楽しんでいただけて、
とても嬉しかったです。
今年の冬は来年の夏に向けてはぼちぼち新しい建物を造っていきます。
またお暇なときに遊びに来てくださ〜い。

Posted by shumatz at 2012年01月29日 21:01
皆さんお邪魔しました。
おまんじゅうプロジェクトとても楽しかったです。
お饅頭があんなに身近に食べられる物だとは驚きました、子供たちも色々な具を入れて楽しんでいました。食べきれない分は、お土産に頂、早速翌日の朝食になりましたが、中身が判らないため「やみまんじゅう」と言って喜んで食べていました。今度、おばーちゃんに作ってあげるそうです。
「パンちゃんの本物のおまんじゅうも食べたい!」と言っていたので、またお邪魔したいと思います。
家族全員カナディアンファームのなんともいえない雰囲気(トトロ的とうちでは感じていますが・・・)が好きなので、雪遊びをしている子供たちも、とても絵になり眺めていて気持ちよかったです。
しかし、皆さんの顔の多さ(きこり・料理人・アーティスト・建築家・農業・ete)に見るたび驚かされます。
また遊びに行きます。有難うございました。
Posted by fujisan at 2012年02月01日 09:27
fujisanさん
おまんじゅうプロジェクトご参加いただきありがとうございました。
メッサ楽しかったです。
海の向こうの皆さんも楽しんでくれたとの事です。
雪遊びは3月くらいまでできると思います。
また遊びにきてくださ〜い。
Posted by shumatz at 2012年02月06日 11:30
おまんじゅうプロジェクトにお誘い頂きまして、有難う御座いました。国を超えておまんじゅうを作ることが、こんなに楽しいとは思いませんでした。子供たちも活き活きとお饅頭を作っていて私達もすごく楽しかったです。これからもカナディアンファームの皆様、頑張って下さい!いつかお邪魔させてもらいます。LA PENA DULCE
Posted by La pena dulce at 2012年04月10日 03:55
LA PENA DULCEさん

こちらこそ、ご参加にご協力くださりありがとうございました。私のほうこそ、そちらにお邪魔して、いつか、チョコレートを沢山食べたいです。あんな、おとぎ話のようなお店にネットでつながって、一緒におまんじゅうを作ることができようとは…
やっぱり、人生はいろいろあったほうが楽しいですね!!
Posted by kumi at 2012年04月10日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック